2015年05月26日

NHKラジオ英会話(2015.5.26放送分)

ラジオ英会話English Conversation Literacy・・・異文化の日常的な場面での会話を学ぶ企画です。4月に続き2回目です。今回は廊下で人とすれ違った場合とトイレに関する会話について樂習しました


廊下ですれ違った場合、知らない人からでも、笑顔でHi.と声をかけられるそうですが、これが異性であれば、遠山先生でなくても気があるんだろうかと思ってしまうでしょう。解説ではかなり細かなやりとりについても取り上げられました。トイレは英語圏の各国で呼び方が変わるということが、まずポイントになるようです。toiletが生々しいというアメリカの感覚はなんとなくわかる気がします


両方とも、まさに日常的なシチュエーションです。こういう場合の会話は、海外旅行者向けの英会話ハンドブックでも、かならずとりあげられているでしょう。しかし、各々のケースでのたんなる暗記でなく、細かなニュアンスの違いについても説明されているのが、勉強になったと思います
posted by ラジオ英会話FUN at 20:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。