2015年05月28日

NHKラジオ英会話(2015.5.28放送分)

ラジオ英会話Grammar for Better Conversation・・・「助動詞のサポート力を使う その2 can」助動詞の働きについて学んでいきます。今回はcanの多様な働きについて説明がありました


canの「許容」「可能性」そして中心的な「能力」を表す機能についての解説でした。とくに過去時制のcouldの使い方については、単純に現代時制からスライドさせていいわけではないので注意が必要です。いままで読んだ参考書では「couldも知覚動詞を使う場合には一回だけの能力を表すことができる」なんていう、細かい説明はなかったように思います


canというと、助動詞の中でももっともなじみがあって、よく使うことばだと思いますが、今回のように見ていくと、なかなか複雑なことに気づかされます。各機能ごとに、過去形、否定の場合、be able to ...との関係など、丁寧にひとつづつ理解していくことが必要なようです
posted by ラジオ英会話FUN at 19:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする