2015年06月25日

NHKラジオ英会話(2015.6.25放送分)

ラジオ英会話Grammar for Better Conversation・・・「助動詞のサポート力を使う その3 may」動詞にニュアンスを与える助動詞について学びます。must、canに続き、3回目はmayです。canとの境界線が気になるところです


mayの主な働きは「可能性」「許容」「丁寧さ」となります。canの一般性よりもmayは権威的なニュアンスが強くなります。それが疑問文になると、逆に敬意を表すということです。文法書ではなかなか触れられてない気がしますが、過去時制での「許可」の表現についても解説がありました。今回は有名人のセリフなども例文にあり興味をひかれました


mayは推測で「〜かもしれない」と断定を避ける表現なので、日本人向けのように思います。もっともラジオ英会話を聞き始めて、英語でも、こんなにたくさん使われるものだと知りました。外国人だから断定するというのは、わたしの誤解なのかも知れません、と、最後はやはりmayでした
posted by ラジオ英会話FUN at 19:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする