2015年06月23日

NHKラジオ英会話(2015.6.23放送分)

ラジオ英会話English Conversation Literacy・・・英語圏での日常的な現場での会話の進め方を学ぶ企画です。今回は、買い物でお店に入った場合のやり取りについて解説がありました。レジでのやりとりと店内での応対です


まずレジでのやり取りです。日本ではたしかに無言のままでもレジを済ませることはできますが、英語の場合は会話をするのが基本ということです。ただCan I ...やMay I ...という丁寧な依頼は不自然なので注意が必要です。店内でものを探している場合のやりとりも解説がありました。日本のお店での無言で店員が見守るやり方は、外国人が不愉快に感じることもあるそうです


前二回でも触れられていましたが、日本と英語圏の大きな違いは、日本の人間関係が垂直的な考え方をするのに対して、外国では店員との間でさえ、水平的な考え方をするということです。一概に日本の縦関係が悪いとはならないでしょうが、個人的には英語圏のこういう考え方には共感できます
posted by ラジオ英会話FUN at 19:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする