2015年07月13日

NHKラジオ英会話(2015.7.13放送分)

ラジオ英会話本文・・・タイ旅行の舞台はチェンマイからプーケットに移動です。宿舎について相談しています。宿泊施設はaccommodationsと長い語句です。単数なら意味が変わるので注意です。このaccommodationsはきちんとしたホテルなどばかりでなくbamboo hutのような場所も含まれます


ラジオ英会話Apply It!・・・That's out of my comfort zone. 快適な領域とはいえない、という形で、相手の提案に抗議する表現です。ただ「わたしにとっては」という形で和らげているところに気遣いがあるようです


プーケットはわたしでも名前をしっているくらい有名です。アジア近郊ばかりでなく、アメリカやヨーロッパなどからもリゾート客が訪れる世界的に有名なリゾート地のようです。豪華なホテルもありますが、ハーヴィーさんの考えはもう少し冒険的なようです。夫唱婦随とはいえ、シャーリーさんも大変です
posted by ラジオ英会話FUN at 19:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKラジオ英会話(2015.7.9放送分)

ラジオ英会話本文・・・いよいよ象の保護区にやってきました。象にエサをやったりして、今回はシャーリーさんが積極的です。水浴びをさせるという動詞はbatheです。象を飼っている人はぜひ覚えましょう。エサやりをしたい人を募るときにvolunteerを使っています。日本語の印象より、幅広い使い方のようです


ラジオ英会話Apply It!・・・Please stay out of their way. 注意をする表現です。わたしたちの考えでは、Pleaseをつければ、とにかくていねいになると思ってしまいます。でも、口調や表情に気をつけないと、逆に冷たい印象を与えてしまうということです。まさにAttention Pleaseですね


おととい遠山先生がじっさいに旅行をされて、今月のテキストを書かれたのだろうといいましたが、今回の最後に真相が明かされました。遠山先生はタイに旅行されたことがなくて、ご友人が情報を与えてくれたとのこと。放送の録音はずいぶん前にされているはずですが、わたしがいいわけされている気になりました
posted by ラジオ英会話FUN at 19:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする