2015年07月20日

NHKラジオ英会話(2015.7.20放送分)

ラジオ英会話English Theater--Hearts and Hands・・・今日から3回は、夏の恒例となっている英語の朗読劇です。去年はたしか小泉八雲の怪談でした。今年はO.Henlyの短編小説が取り上げられます


今日は第一幕として、物語のスタート部分が語られていきます。主要な登場人物となりそうな三人が登場しました。エレガントで魅力的な若い女性と二人の若い男性。男性のひとりは好青年、もうひとりは落ちぶれた感じです。なによりひきつけられるのは、ふたりの男性が手錠でつながれているという点です


オー・ヘンリーは、いつかまとめて読んでみたいと思いながらも、読めないでいます。さすがに「最後の一葉」と「賢者の贈り物」くらいは知っていますが、自慢にもなりません。こういう形で作品にふれることができるのはうれしいです。もっとも、オー・ヘンリーの作品は、設定を変えたりしながらドラマや映画に使われているので、この物語の結末も聞いたことがあるかもしれません
posted by ラジオ英会話FUN at 20:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする