2015年09月22日

NHKラジオ英会話(2015.9.22放送分)

ラジオ英会話English Conversation Literacy・・・今回はドアに注目した英会話リテラシーです。ドアについて長い歴史のある西洋では、比喩やIDIOMのことばの面で多くの表現があるというだけでなく、コミュニケーションの上でも大事なもののようです


ドアは部屋や家の象徴として、そういうものの全体を表すことがあります。また、閉め方で拒否を表したり、開けておくことで歓迎の状態を示したりします。ドアを他の人のために開けておくhold the doorという習慣や男性が自動車のドアを開けてあげるなどの紳士の振る舞いなどもでてきました。また、部屋に入る際の譲り合いの応答もユーモアを交えて解説されました


解説では、わが国ではドアの開け閉めは自己責任で、とありました。しかし、現代では日本でも、部屋を退室する場合などは、後の人のためにドアを押さえておいてあげるなどは、わたしもやりますし、よく見られる光景です。また、エレベーターでの他の人のための開閉ボタンの操作など見ても、日本人にもそういう文化は育ってきているといっていいのではないでしょうか
posted by ラジオ英会話FUN at 19:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする