2015年10月13日

NHKラジオ英会話(2015.10.13放送分)

ラジオ英会話本文・・・男女の友人が授業の話をしています。男性はずぼらな性格のようです。この男性のように、ものごとを先延ばしする人はprocrastinatorといわれます。自己紹介のときのために覚えておきます。死ぬ気でがんばることはkock oneself out to ...となります。自分をノックアウトするくらいがんばるということですが、ノックアウトしてしまっちゃだめじゃないかという気もします


ラジオ英会話Apply It!・・・I was saved by the bell. ボクシングに関連した表現ということで、わかりやすい表現がでてきました。応援しているほうが劣勢だとゴングが待ち遠しいものです。そのゴングは英語ではないようで、ここではbellとなります。日本ではあの「カーン」というのが「ベル」という感じはしませんね


Listen for it!は牧場などで経営されている家畜を主とした動物園のCMです。日本でも、こういう形の動物園はありそうです。そして、そういうところでは、施設の人がカウボーイの格好をしていたりもしそうです。ただ、やはり日本人のカウボーイというのは、少し迫力に欠ける気がします。例の「イーハー!」という掛け声も、浮いてしまわないでしょうか
posted by ラジオ英会話FUN at 20:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする