2016年02月25日

NHKラジオ英会話(2016.2.25放送分)

ラジオ英会話Love, Love, Love 〜Three Famous Love Letters〜・・・2月の最終週は例年、愛に関連した企画が用意されています。今回は有名な人物が書いた、あるいは有名な人物に向けて書かれた、3つのラブレターが紹介されました


最初はビクトル・ユーゴーに向けての愛人からの手紙です。フレーズを三つ繰り返す「3の法則」が使われています。二番目は「説得」という小説の中のラブレターです。こちらは「2の法則」として日常的な印象が与えられています。最後はジョン・キーツからの若い恋人への手紙です。こちらは詩人であるキーツが、押韻さえも無視して思いをそのままぶつけています


どの手紙もかなり情熱的な内容で、有名人が関わっているとはいえ、こうした私的な手紙を読むというのは、少々申し訳ない気分になります。現代は愛の告白もネットのメールやラインを使う人が多いのでしょうが、一方で、やはり手紙でないとという人もいるはずです。手段は違っても、思いをことばにするときは、書ききれない切なさというものがあるのだろうと思います
posted by ラジオ英会話FUN at 19:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする