2016年02月17日

NHKラジオ英会話(2016.2.17放送分)

ラジオ英会話本文・・・騒ぎを聞きつけたジュリエットの父親がロミオに帰るようにいいます。退場をいいわたすことはshow the doorといいます。イメージしやすい表現です。Parting is such sweet sorrow.は以前ももじった形ででてきたと思います。sで始まる語が続くところも名セリフの理由なのかもしれません


ラジオ英会話Apply It!・・・Tybalt was picking on my friend, Romeo! 「いびる」という日本語は独特のニュアンスがありますが、pick onがもともと「突っつく」という意味なので、「意地悪をする」よりもやはり「いびる」がぴったりな気がします


今週のListen for it!は補聴器のCMです。補聴器を英語でなんというか知りませんでしたがhearing aidと機能をそのまま表したことばになっています。値段も見当がつきませんでしたが、ここでは650ドルです。こういう場合は平均的な価格を使うのでしょうが、けっこうな負担ですね。でも、日本では健康保険が利くのかな
posted by ラジオ英会話FUN at 19:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする