2016年03月07日

NHKラジオ英会話(2016.3.7放送分)

ラジオ英会話本文・・・結婚40年の夫婦がハネムーンのときの部屋をおとずれますが、荒れ果てたようすです。先週の週タイトルのa change for the betterはCMで聞き覚えがありましたが、今週はa change for the worth。さすがにCMでは聞きません。mustyやfilthyという汚い部屋を表現することばがでてきました


ラジオ英会話Apply It!・・・This place has gone to the dogs! 犬のところにいくことが荒れ果てるという意味になるということです。犬にとっては気分のいい表現ではなく、遠山先生はずいぶん同情的でした


今日のSay It!で珍しかったのは、slapという手を叩く動作を伴った例文だったことでしょう。短いふたつのセンテンスの間に、slapが2回あります。「幸せなら手をたたこう」という歌がありましたが、なぜか手を叩くというのは楽しい気分になれるものですね
posted by ラジオ英会話FUN at 20:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする