2016年03月15日

NHKラジオ英会話(2016.3.15放送分)

ラジオ英会話本文・・・二頭のクマの会話です。仲間に悪いクマがいるようです。タイトルのunbearableはbearにかけてあるということです。和訳の「クマった」はわりとみんないいますね。apiaryという聞きなれない単語は「養蜂場」のことです。別名のbeeyardのほうがわかりやすいですが、apiaryのほうが専門的な響きがあるのでしょうか


ラジオ英会話Apply It!・・・That bear is up to his old tricks again. be up to ...というおなじみの語を並べて「〜というよくないことをする」という意味になるそうです。いままでにもでてきていますが、どの単語にも「悪い」という意味はなさそうで、なかなか覚えにくい表現です


Today's Dialog in Another Situation!ではword playerという設定がでてきました。テキストの訳は「言語遊戯家」となっていて、言葉遊びが好きな人を表すことばのようです。内容を聞き取るのはむずかしかったですが、bearとveryをかけていたようですから、だじゃれのようなものでしょうか。ネイティブでないのにword playerとまでいわれるようになるとすごいでしょうね
posted by ラジオ英会話FUN at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする