2016年09月21日

NHKラジオ英会話(2016.9.21放送分)

ラジオ英会話本文・・・ペニーとアルはジョージの回復振りに満足しているようです。voraciousは以前もでてきたのですが、そのときもappetiteの修飾だった気がします。こうなると他の語につけていいのか気になります。勝つというとまずwinがでてきますが、beat ... in chessのようにbeatを使うのも小気味よくていいですね


ラジオ英会話Apply It!・・・He's doing better than I ever imagined. do betterが「体調がよくなる」という意味だと聞くとなるほどという気がしますが、be betterでもよさそうな気がして、そうなると違いはなんだろうと気になります。「よく”なる”」というところがポイントでしょうか


英単語の覚え方にもさまざまな方法があるようですが、ひとつの方法として語源を調べてその組み合わせで覚えようという方法もあるようです。漢字を部首で覚えていくようなもので、効率がいいのかも知れません。ところで今日でてきたSuperbなどはおそらくsuper+bだと思うのですが、このbという付け足しにはどんな意味があるのでしょう
posted by ラジオ英会話FUN at 20:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする