2016年10月20日

NHKラジオ英会話(2016.10.20放送分)

ラジオ英会話本文・・・ドウ一家の3人と保護施設の係員が話をしています。シェフの話もでました。ラジオ英会話では、以前から犬の話の回にはノミの話もよくでていました。flea bathもあったと思います。strayというと夏目漱石の「三四郎」でstray sheepが印象的なキーワードとして使われていたのを思いだします


ラジオ英会話Apply It!・・・I can relate to that. 助動詞は動詞にニュアンスを与える働きをしています。英語の勉強を続けるほど、その重要性がわかってくるのだと思いますが、ここでもcanがあることによって絶妙な意味の変化がありますね


今月は逃げだしたプーキーを追いかける物語でした。なかなか捕まらないプーキーにドウ一家の気持になってやきもきしましたが、最後は当然とはいえプーキーも見つかりハッピーエンドでよかったです。英会話としては探し物をするときの他人とのやりとりが多くて参考になったのではないでしょうか
posted by ラジオ英会話FUN at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。