2016年10月10日

NHKラジオ英会話(2016.10.10放送分)

ラジオ英会話本文・・・プーキーを見かけた近所の住人から電話がありました。spotは「目撃する」という一瞬の動きを表す動詞なのに、使われるときは完了形が多いように思います。run offは逃げることです。この意味ではrun awayが頭に浮かびますが、run offのほうが一般的で用途が広いようです


ラジオ英会話Apply It!・・・It occurred to me that it was your dog. 本文中にでてくる文が、ここの例文としては省略されていることがたまにあります。しかし、今日の文は後半が強調構文とも結びついていることで、かなりややこしい省略のしかたです。本文中でもふたつの文にわけられていたほうがよかったかもしれません


プーキーは逃げだしたままで、ドウ一家の心配は続いているようです。リオくんはたずね犬の貼り紙を作ってがんばっています。ただ、長らくこの番組を聴いている者にとっては、プーキーはしょっちゅう逃げだしている印象があります。escape artistですね。今回もよその家の子どもとなかよく遊んでいるようなので、気楽に待っていればいいのではないでしょうか
posted by ラジオ英会話FUN at 20:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。